テスト前も受験前も勉強するように
子どもたちに言ったことはありません。
やる気はいつか必ず出るだろう、
それが勉強とは限らないけど
なんかに対してやる気になるだろう、と
絶対の信頼がありました。
私はけっして子どもたちに誇れるような
良い母でも出来た母でもありませんでしたが
子どもたちの可能性
子どもたち自身がもって生まれた才能
信じて疑わない姿勢貫いてきました。
また子どもたちに対して
雄大な自然に対して抱くような
畏敬(いけい)の念が強いのかもしれません。
私みたいな母親らしくない人間が
手を加えなかったことにより
次々に子どもたちの才能が花開いていきます。
 
長男は大学4年になり
自分が信じた医療の道邁進しています。
人への感謝礼儀忘れない青年に育っています。
長女は勉強が嫌いで高校受験も失敗し
定時制高校に通っていましたが
韓国への留学を夢みて自分から行動を
起こしはじめました。
バイトをしながら勉強し家事も手伝ってくれる
優しい子どもに育っています。
次女は小さな頃からダンスや歌が好きな
エンターテイナーでしたが
小学校一年からすでに学校の勉強についていけず
私は学習しょうがいがあるのかなあ、
個性に秀でた子なんだなあ、とほほえましくみて
良いところは褒めただけで変えようとはしませんでした。
中3のいまのいままで高校にはどこか
公立に引っかかればいいし
高校に行かないなら行かないで
何か次女なりに幸せな形がみつかるといいなあ、と
思っていたら
なあんと!
つい先日のテストで生まれてはじめて
5教科テストで全科目平均点以上をとってきました。
それはそれは家族みんなで大騒ぎの祭り騒ぎ!笑
なーんも言わないのは放置ではないんです。
 
なーんも言わないのは子どもたちそれ自身
子どもたちの無限に広がる可能性へ
ゆるぎない信頼です。
信頼して待つ子育て期待しない、
コントロールしない子育て
私みたいな母親にとっても
ストレスの少ない楽しい子育てです。
 
受験生がいて大変でしょ?と言われますが
うちにいわゆる受験生というカテゴリーに
入る人がいたことがないので
大変になったこともありません。
普段と変わらずなーんも言わない。
なーんも言わないのになんか結果だしたり
なんかはじめたりしたらそのプロセスも含め
承認する!
 
出来たら
あなたならまた出来るよ!と伝える!
出来ないことやらないことは
気にしない!
〜放置ではなく信頼を〜
学童期以上の子育てにストレスを感じている
ご両親への参考になれば幸いです。